テアニンとカフェインの相乗効果

睡眠の質を高めよう

 

気持ち良い眠りをサポートする睡眠成分テアニン

 

「テアニンは統合失調症の臨床症状を改善させ、また睡眠の質を高める効果を持つことが明らかになった。
(起床時の疲労感や眠気を軽減すること)
テアニンは安全なサプリメントであり、日々の治療にこれを追加することで症状の緩和がはかれるものと期待される。」
と発表しました。
参考引用:国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター

 

睡眠の質を上げることに一役買ってくれる成分が「テアニン」なのです。

 

他の休息サプリとの比較・口コミ

 

【比較/テアニン配合量】

あさシャキ 250mg/1日2粒
キリツテイン 220mg/1日4粒
グッドナイト27000+ 200mg/1日3粒
ネナイト 200mg/1日4粒
テアニン快眠粒 200mg/1日4粒

 

口コミ・ピックアップ

キリツテイン

  • 娘が朝早く起きれるようになった
  • 極端に朝 起きる事を嫌がらなくなりました
  • サッと支度が出来るようになってきた

グッドナイト27000+

  • 一度、眼が覚めますが又、直ぐ眠れたので評価がしにくい
  • よく眠れるようになり朝まで目が覚めない日が多くなりました
  • 目覚めも全然辛くなく、睡眠導入剤よりも私には合ってました

ネナイト

  • 寝覚めを良くする効果が高いのか、

    夜中に目覚めるともう寝られす朝まで…というのが何日も続きました

  • 効果を実感するのは起床時。「効きすぎて昼間眠い」ということは

    今までに一度も無くすっきりした状態

  • 睡眠時間が少ない時にかなり重宝

テアニン快眠粒

  • 半年飲んで改善したので止めていたが、

    また寝つきが悪い・眠れないなどに悩まされ戻したら
    改善しました

 

このように、睡眠サプリの口コミからみても、テアニン配合サプリでは、
睡眠の質を高める効果があるようです。

 

テアニンが多くて逆に目が覚めたりしないの?

逆に目が覚める?

 

 

 

テアニンはお茶に含まれるものだけど、逆に目が覚めないか、
心配・・


 

 

 

お茶類に含まれるテアニンによって
目が覚めるというわけではない
ですよ。


目が覚めるのはお茶やコーヒーに含まれるカフェイン。

 

テアニンを摂取すると脳波にα(アルファー)波が出現。
カフェインが持つ興奮作用を適度に抑える働きがあり、
興奮を鎮めて緊張を和らげ
リラックスした気分にさせてくれますよ。

 

 

 

なんだ!それなら、緑茶や紅茶を飲んでも
リラックスした気分になれるなら、大丈夫だね!


 

 

 

ちょっと待って!


リラックス効果が高いからといって
緑茶や玉露などのカフェイン入りお茶類を
飲み過ぎるのは良くはないんですよ!
いくらテアニンがカフェインの作用を抑えるといっても、
お茶類を飲みすぎると同時に
カフェインの摂取量も増えてしまいますよ!

 

※カフェインの入ったお茶類の飲み過ぎに注意!!
テアニンとともにカフェインも増加。

 

子供は脳が未発達であり、肝臓での代謝機能が大人よりも低いです。
カフェインを多く摂取すると脳を刺激し、

  • 落ち着きがない
  • 多弁(言葉数が多いこと)
  • 不眠

などの興奮状態に陥りやすくなってしまいます。

 

睡眠サプリメントは、カフェインも増加していくことなく、テアニンを上手に摂ることができます。

 

いつ飲むと効果的?

 

テアニンは、
睡眠前に摂取することで脳が眠りやすい状態に◎

 

寝付きを良くして中途覚醒(夜中に目が覚め、その後眠れない状態)を減少させます。
そうすることで睡眠の質を上げて熟睡感や起床時の爽快感を得られます。

 

休息サプリメントはお休み前の30分〜1時間くらい前に飲むのがオススメ!

 

【理由】
テアニンの摂取後40分ほどでα(アルファー)波の出現が観測され、
少なくとも2時間は持続することが確認されているから。
眠りの質を高めるには、眠り始めた時からの90分間が重要であると言われています。

 

眠り始めた時の睡眠が、質の良い眠りに影響することは間違いありません。
参考引用:日本農芸化学会誌 1998年72巻2号

 

子供の寝つきに影響?睡眠の質を高める対策・方法

睡眠の質を高めよう

 

他の対策も取り入れ、相乗効果を狙いましょう♪

サプリメントを飲みながら、他の方法も同時にすると、より睡眠の質を高めることが出来ると思います。

  • 飲み込みづらくて飲むことを嫌がる
  • 飲み忘れて続かない
  • サプリメントが自分の体調に合わない

などの理由でなかなか摂取できない場合でも、他の対処法で睡眠の質を上げるのも手ですよ。
お子さまにおすすめの方法をご紹介します!

 

対策 子供でも安心してトライできる、睡眠の質を高める方法の詳しくは、こちらへ

 

 

カフェイン摂りすぎ注意!日ごろから気を付けること

カフェインの過剰な摂取は注意が必要!

  • 成長に必要な睡眠を妨げる
  • 利尿作用が高まり、脱水症状になりやすくなる
  • 大事な栄養素であるカルシウム・鉄分・亜鉛などの排出を促す

大人よりも子供はカフェインの影響を受けやすいことは間違いありません。

 

子どもでは体重1kg当たり1.4mgを超えるカフェインを摂取すると、
睡眠障害などの症状があらわれるので、夜間は摂取するべきではないとしている。

 

気を付けなければいけないのは、カフェインはコーヒー以外の食品にも含まれるということ。

 

※カフェインにはコーヒー以外にも様々なおやつや飲み物にも含まれています。

 

カフェイン

 

カナダ保健省が比較的明確な数値を掲げています。
【1日あたりのカフェイン摂取量目安】/参考

  • 成人 400mg
  • 10〜12歳 85mg
  • 7〜9歳 62.5mg
  • 4〜6歳 45mg

Caffeine: EFSA estimates safe intakes(欧州食品安全機関 2015年5月27日)

 

寝つきが悪い、朝起きれないなどは、様々な原因があると思います。
しかし、日ごろから
コーラやチョコレートを摂り過ぎないなど、
カフェインを摂り過ぎないようにすることも大切です。

 

  • 降圧剤
  • 興奮剤

こちらを飲んでいる方は、かかりつけのお医者様にご相談ください。

 

睡眠の質を上げる一歩にもなります。

 

アミノ酸の一種GABA(ギャバ)は、
イライラした時などに、「ほっ」とゆったり休息するなど癒しの働きをサポートしてくれます。

 

 

リラックスして心地よく眠り、スッキリ目覚める自分になる♪